Amazonで販売中の電子書籍「脱サラの教科書」を限定公開!

たった一枚の画像から考えさせられる時間の大切さ

時間とは有限だ。小さい頃は誰しも時間は無限だと思っていませんでしたか?そもそも時間なんて気にもしなかったと思います。

 

しかし、中学生、高校生と年を重ねる毎に今までの比じゃないくらいに体感時間が早く感じているはずです。気づいたら18歳になり就職し、いつの間にか30歳になり結婚もしていた。そんな人も少なくありません。

 

たった一枚の画像で人生の流れがわかります。この画像をみてあなたがどう思うかは分かりませんが少しでも多くの方に時間の大切さを知っていただきたい。人それぞれ趣味があると思います。

  • 寝るのが好きな人
  • ダラダラしているのが好きな人

 

人の数だけ趣味や特技、人生の選択肢がありますが時間の浪費だけは絶対にしてほしくない。

 

  • 仕事を辞めたいのに辞められない
  • 嫌なことを仕方なくこなし生きていく人生

 

兎に角自分が思っている人生を歩めていない人には見ていただきたい。たった一枚の画像を見ていただき人生がどれだけ短いのかを。

今の日本の平均寿命を80歳と仮定した図になります。人生とは0歳から始まり18歳までは幼稚園、小学生、中学生、高校生と敷かれたレールの上を歩く人生を歩んできます。

 

18歳で高校を卒業し大半の方が60歳まで働き定年を迎える。60歳で定年を迎えてからは自由な生活を送る。ざっくり人生はこのような流れだと思います。

 

上の図の四角で囲った部分を見ていただきたい。この部分は人生で最も貴重な期間。本当にやりたいことをするかけがえのない期間。

 

0歳から18歳までの子供の期間は本当に楽しいと思います。60歳で定年してからも本当に楽しいと思います。しかし、18歳から60歳までの42年間はどうか?

 

愚痴りながら仕事に行き人間関係に悩みながら仕事に行き毎週金曜日が待ち遠しい毎日、定年まで我慢だ。。。。なんて言っていてはいけない。

 

毎週金曜日が待ち遠しい生活からは絶対に抜け出してほしい。月曜日に出社し早く1日終われ!火曜日に出社し早く帰りたい!水曜日に出社し早く金曜日にならないかな。

 

なんて思っていたらそれは早く死にたいと言っているのと同じ行為。本来は1日が終わって欲しくないと思うべき。

 

四角で囲った部分は二度と戻ってこない。

もしあなたが今、お金のためだけに嫌いな仕事で働いているなら人生を変えるべきだと僕は思います。近年過労死でなくなってしまう方のニュースが絶えません。見ていて本当に胸が痛い

 

もしかしたらこの記事を見ている方で仕事に対する悩みなどがあるかもしれません。この記事をきっかけにあなたにとって人生とは何か?を再度考えていただきたい。

 

生まれてから命尽きるまでがあなたの人生。会社で嫌なことがあれば悩みながら続けず辞めればいい。仕事なんてたくさんあります。あなた一人が辞めた所で会社は痛くも痒くもありません。

 

人がいないから仕事を辞められないという人がいますが人がいないのはあなたのせいではない。出入りが激しい会社は会社がブラックと認めていなくても世間からしたら今のご時世ブラックなんです。

 

嫌々仕事をしながら働く人もいれば、働かなくても収入が入って来る人もいます。youtuberのような好きなことを仕事にしている人もいます。この方たちは何も特別な人ではなく僕たちと同じように学校に行き卒業してきた人たちです。

 

しかし、一つ違うところがあるとすれば人生を本気で変えたいと行動した人たち。会社に通いながら余った時間で何かに取り組みその積み重ねから成功した人たちです。

 

あのHIKAKINさんでさえ過去にバイトをしていたぐらいです。いきなり成功した人なんてこの世に存在しません。人生はあなたがどれだけ変えたいという気持ちがあるのかで大きく変わります。

人生で最も貴重な期間である四角の部分。敷かれたレールから外れるのも人生です。人生を変えたければレールから外れなければならない。

 

あなたにとって人生とは何ですか?自分にとって人生とは何か?考えた事ないと思います。時間は無限ではありません。時間は有限です。人生とは短いもの。

 

あなたにとって人生とは何かを見つけてみてください。

追伸:会社依存から脱却しませんか?

僕は現在、子会社含め
法人を5社経営しています。

もちろん収入もそこそこありますし
月の収入は100万円を
切ることが一切ありません。

 

こんなこと言うと

「才能あるんですね。」
「だいすけさんだから出来たんでしょ。」

このように思いますよね。

 

しかしそんなことは一切なく
元々は月収11万円の
どこにでもいる工場の労働者でした。

16歳で高校を中退したので
もちろん学歴もありませんし
センスもスキルも何一つありませんでした。

 

そんな僕が枯れたチューリップのような人生から
赤く花開くチューリップのように
人生を逆転することが出来た方法。

それがネットビジネスでした。

綺麗事抜きで言います。

 

お金の余裕は=精神安定剤です。

 

借金300万円あった頃の僕は
毎日、1日1日を乗り越えるだけで精一杯でした。

目標もなく将来なんて
一切考えることができなかった。

 

しかし、ネットビジネスに
出会い全てが変わりました。

収入的にも、時間的にも
精神的に、人間関係も

数年前に抱えていた悩みはすべて
ネットビジネスを通して
捨て去ることができました。

 

現在は会社に通勤することもなく
カフェで1日数時間パソコン作業をするだけで
年間数千万円の利益を叩き出しています。

ビジネス仲間と旅行に行って
平日の昼間からお酒を飲んだり
何にも縛られることがない生活を送っています。

 

あなたもこのような生活を
手に入れたくありませんか?

 

そのためにはまず

「会社依存から脱却」

しなければいけません。

 

しかし、実際に
何をすれば良いのかわからない。

このような声も多く届きますので
そのすべてを

「脱サラの教科書」

にまとめました。

 

脱サラの教科書は
月収11万円から脱サラするまでに
僕がどんな思考でどんな行動をして
脱サラすることができたのか?

を余すことなく赤裸々に語っています。

 

いわば僕の集大成です。

ネットビジネスを始めてから
現在に至るまでの7年間を
ぜんぶ詰め込みました。

5分もあればサクッと読めるので
興味があれば読んでみてください。

電子書籍「脱サラの教科書」を読んでみる

リンク先からメールアドレスを
入力すると無料で受け取ることができます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。