金持ち父さんから学ぶ『E・S・B・I』お金の流れを理解することで収入にも変化が起きる

キャッシュフロークワドラント

という言葉を聞いたことがありますか?

キャッシュフロー=お金の流れ

クワドラント=円を4分割したもの

お金の流れはこの世には4種類
あるということです。

そしてクワドラント=円を4分割したものですが
その4分割が今回お話しするE・S・B・Iになります。

世の中には頑張ってたくさん働いても収入が増えない人もいれば
ほとんど働いていなくても収入がたくさんある人もいます。

その違いとは一体なんなのか?

ビジネスをしている人なら一度は読んだことが
ある有名な本(金持ち父さん貧乏父さん)でも
紹介されているキャッシュフロークワドラント
のE・S・B・Iをお話ししていきます。

キャッシュフロークワドラント

冒頭でも話しましたが
収入を得るためには4つのモデルがあるという事。

E・S・B・Iです。

この4つを細かく分けると

E=employee(従業員)

S=self employee(自営業者)

B=business owner(ビジネスオーナー)

I=investor(投資家)

といった形になります。

それでは各収入モデルの特徴について詳しく
まとめて行きたいと思います。

E=employee(従業員)

まずEとはemployeeの略で従業員に当たります。

日本人のほとんどの方がこれにあたります。

自分の時間を対価として収入を得ているから自由な時間が少ない

自分の労働力を対価として収入を得ているので、収入に限界がある(労働力以上の収入にはならない)

人生の主導権が自分になく、会社にある

S=self employee(自営業者)

self employeeは自営業者です。

農家や居酒屋、個人でお店を経営している方。

会社に雇われて労働している人ではなく
個人で何かをサービス提供している人
雇われていなく労働で収入を得ている人が
このS=self employeeにあたります。

自分の時間を対価として収入を得ているので、自由な時間が少ない

自分の労働力を対価として収入を得ているので、収入に限界がある

人生の主導権が自分にある

B=business owner(ビジネスオーナー)

business ownerとは自分のビジネスを所有する人。

コンビニなどのフランチャイズ店で例えると
店長はS=self employee(自営業者)にあたり
組織を管理する立場の人はこのビジネスオーナーにあたります。

基本的にお店などの現場にはいませんが
そのビジネスの権利を持っている人達のことを指します。

権利収入を得ることができる

自由な時間がある

人生の主導権が自分にある

I=investor(投資家)

そして最後がinvestor。投資家です。

投資家といって様々な投資があり
株、不動産、為替、債券、などに投資し
お金を使って 収入を得る人たちです。

権利収入を得ることができる

自由な時間がある

人生の主導権が自分にある

労働収入と権利収入

そしてこのE・S・B・Iには2つの収入を
得る方法がありこの2つの違いをまずは理解する事。

労働収入と権利収入によって収入にも大きな
差が開いていくことになります。

労働収入

労働収入は働いた分しか収入になりません。
特徴としては収入に限界があること。
自分の自由な時間が得られないのがわかります。

権利収入

権利収入は簡単に言えば自分が労働しなくても
入ってくる収入のこと。
収入の限界もなく時間的自由も得ることができる。

不労所得を目指すなら

働かなくてもお金が入って来ないかな〜

と誰しもが思うと思いますがこのE・S・B・I
を理解すればまずは自分がどれに所属しているのかを
把握しなければなりません。

そして収入も時間も欲しいのであれば
Bクワドラント
Iクワドラント
にシフトしなければならないことがわかるはずです。

Eクワドラント(従業員)の立場の人が
いくら不労所得が欲しいと思っていても
Eから脱出しなければそれは叶いません。

まずは

Sクワドラント
もしくは
Bクワドラント

にシフトする。

しかしEクワドラントの人が
SもしくはBにシフトしようと考えても
何をすれば良いのかわからないはずです。

工場などで時間を対価として収入を得ている方からすれば
それ以外の稼ぎ方がわからない。

自分が見ている世界が全てではないことを
理解しなければいけない。

汗水垂らして得ていないお金は汚いお金だ。

なんていう固定概念を捨てない限り
一生Eクワドラントから向け出すことができません。

Sクワドラントになるには!?

EクワドラントからSクワドラントになるには
何をすべきか!?

一般的に言えば居酒屋をオープンする
個人で何かを販売したりサービスを提供する
など個人事業主的なことをする必要があります。

しかし、店舗を運営するにも莫大な初期費用がかかります。

そこでまずEに属する人が簡単にSにシフトできる
方法が僕が行うアフィリエイトです。

他にも転売(せどり)、YOUTUBEアドセンス
などネットを使ったビジネスが初期費用が一切かからず
取り組むことができます。

アフィリエイトはどちらかと言えば
E・Sに属する収入モデルです。

Bクワドラントになるには!?

ここでBクワドラントのお話しですが
金持ち父さん貧乏父さんではこのBクワドラントに
属するためにEクワドラントの人でも比較的Bにシフト
することができるビジネスでネットワークビジネスを
推奨しているわけです。

通称MLM(マルチレベルマーケティング)
マルチ商法ってやつです。

ここではアフィリエイトを例えで
お話ししていきます。

例えばSクワドラントがアフィリエイトだとしたら
実はSからBもしくはIにシフトすることができます。

例えば自分が行うアフィリエイト
を他の人にも伝授し組織を作っていくこともでき
この場合はBクワドラントに位置します。

もしくはS(アフィリエイト)で稼いだお金を
投資して運用することになればIクワドラント
に属することにもなります。

まとめ

今回の記事ではお金の流れには
4つのクワドラントがあること。

また2つの収入モデルがあること。

また自分がどのクワドラントに属しているのか。

不労所得が欲しい方はB・Iに属さなければいけないこと。

E・Sでは収入にも時間的にも限界があること。

などがわかったはずです。

そしてEの方がまずSに属するためには
あくまでも僕の意見ですがネットビジネスを
オススメいたします。

今回は僕が普段から行うアフィリエイトで例えましたが
もちろん他にも方法はたくさんあります。

アフィリエイトを始めたいと思った方は
今すぐに始める方法をまとめた記事を
共有しておきますね。

副業初心者に教えるアフィリエイトに必要な物はコレ!

お金の流れを理解することで
ただただ不労所得が入って来ないかな
と思っていもそれは不可能に近いことが
理解できたはずです。

まずはSクワドラントになるために
行動してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
現在26歳。塗装屋、工場勤務、営業、ボーイ、様々な仕事を経験しアフィリエイトに出会い脱サラに成功!大好きな旅行にも時間に縛られずに行っています!当時手取り収入たったの11万円だった僕がアフィリエイトに出会いパソコンど素人の状態からどのようにして稼ぐ力を身につけてきたのか!?学歴や才能がなくても行動すれば人生は変えられる。その可能性にブログを通して気づいてもらえたらと思います。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼