Amazonで販売中の電子書籍「脱サラの教科書」を限定公開!

【4泊5日】奄美大島の魅力を26枚の画像でたっぷりとお伝えします

だいすけ
どうも、だいすけ(@daiz8daiz8)です!

今回は奄美大島に行ってきたから旅の記録をしていくよ!

人生で一度は行きたかった奄美大島。

今回は仕事仲間4人と4泊5日で旅行に行ってきました。

こんな人に見てほしい
  • 旅行が好きな人
  • 旅行先に悩んでいる人
  • ダイビングが好きな人
  • 次の旅行先が奄美大島の人

一つでも該当する方はもちろん、全く該当しない人でも楽しめる記事ですので最後まで読み進めて見てください!

奄美大島の魅力をたっぷりとお伝えします

レンタカーを借りて奄美大島の旅行スタート!

今回の行き先はこんな感じ!

  • ダイビング
  • オープンカーで周遊
  • マングローブツアーに参加
  • 大浜海浜公園でサンセット

一つ一つ写真付きで紹介していきます!

奄美大島良いな!って思ったくれた方は次の旅行先にでも検討してみてくださいね!

奄美ブルーでダイビングを堪能

今回のダイビングポイントは奄美大島の真下にある加計呂麻島という島でした!

奄美大島の中心街からダイビングショップさんの車で揺られて1時間ほどで港に到着。

船からエントリーしていざ、奄美ブルーへ!

基本的にダイビング中の動画や画像は全てGoProで撮影していますが、少しずつどの角度で撮ればうまく映るかコツが掴めて来ました!

寝ながら写真撮影したり

正座で写真撮影したり、海の中で自由に呼吸して、自由に泳げるのがダイビング最大の魅力です!

ウミガメとツーショットを撮ることも出来ます。

この日はウミガメに会えたけど、寝ていたので一緒には泳げず残念。

イカ、タコ、伊勢海老、ウツボなど結構色々な魚たちに出会えました!

ウツボはとにかくデカくて迫力があったけど、写真がないのが残念・・

1日目の集合写真。

2日目の集合写真。

だいすけ
地上では絶対に経験する事が出来ない事をダイビングでは経験する事が出来るよ!

興味がないからダイビングはやらない。

ではなく、一つの経験としてあなたもダイビングをやってみてはどうかな?

ダイビングの楽しさはだいすけが保証するよ^^

オープンカーで島内を周遊

奄美大島はオープンカー専門のレンタカーがあったので1日だけ借りて島を周遊してきました!

この日、奄美大島は気温が27度あったので風が気持ちよかった。

後ろからはこんな感じ!

推奨は2人ですが、一応3名まで乗れます。

ただ、めちゃくちゃ狭いのでオススメは出来ません。

だいすけ
オープンカーは12時間で1台12500円だったよ!

もし興味がある方いたら僕が借りたレンタカー屋さんのサイトも貼っておくね!

こちらからサイトに飛べるよ!

カヤックでマングローブ原生林へ

オープンカーに乗り島を南に下って辿り着いたのがマングローブ原生林。

原生林ってワードなんか魅かれませんか?笑

それではマングローブツアーへGO!

乗り場を出ていざ、川へ!

iPhone12の広角はかなり臨場感あふれる写真が撮れますね〜!

ガイドさんのダジャレを聞きながらゆっくりと川を下っていきます。

途中で上陸してガイドさんがマングローブについて色々と説明してくれました。

実はマングローブっていう木はなくて、淡水と海水が交わるところに生えてくる植物の総称をマングローブと呼ぶんですよね。

知っていましたか?

マングローブも色々と説明を聞くと奥が深い・・・

謎のポーズ。笑

皆で集合写真。

僕以外は初めてのカヤックで、楽しかったとの事だったからよかったです!

大浜海浜公園で癒しのサンセット

オープンカーで辿り着いた先が大浜海浜公園!

夕陽がとても綺麗との事だったので行ってみたら・・

来て大正解でした!

日の入りまで1時間ほど時間があったのでそれまではそれぞれ写真タイム。

ツーショット!

1時間かけて日の入りするまで待った甲斐あり!

本当に綺麗でした。

日の入り直前になると車が続々と来ました。

夕焼けも綺麗でしたが、オープンカーで来るとさらに映えるのでぜひ奄美大島に行った際にはオープンカーで大浜海浜公園に行ってみてください!

最高の4泊5日でした!

一言で奄美大島は最高でした。

これからいく予定がある方はどこに泊まったら良いの?と思う方もいるかもしれないので参考までに共有しておきます!

奄美大島は名瀬市が島の中心街なので名瀬市に宿泊すれば間違いないです。

また屋仁川通り(通称やんご通り)という繁華街があり、見るからに夜の匂いがプンプンしますが美味しいお店がたくさんあります!

  • 喜多八
  • 心粋-koiki-
  • ねたぞう
  • まめふく
  • こころ

上記のお店は人気みたいで、僕が行ったお店は郷土料理が食べられる「喜多八」と「心粋-koiki-」と上記には書いていない「まえやま」に行ってきました。

紹介したお店は予約しないと入れないお店も多いので行く時は必ず予約する事をオススメします!

 

こんな感じで奄美大島は以上です。

ここ最近の旅行で一番ハードでしたが楽しかったです。

 

次に僕が行きたい離島は与論島と与那国島です。

年内は12月の石垣島が最後なので2021年に必ず行きます!

 

それでは!

追伸:会社依存から脱却しませんか?

僕は現在、子会社含め
法人を5社経営しています。

もちろん収入もそこそこありますし
月の収入は100万円を
切ることが一切ありません。

 

こんなこと言うと

「才能あるんですね。」
「だいすけさんだから出来たんでしょ。」

このように思いますよね。

 

しかしそんなことは一切なく
元々は月収11万円の
どこにでもいる工場の労働者でした。

16歳で高校を中退したので
もちろん学歴もありませんし
センスもスキルも何一つありませんでした。

 

そんな僕が枯れたチューリップのような人生から
赤く花開くチューリップのように
人生を逆転することが出来た方法。

それがネットビジネスでした。

綺麗事抜きで言います。

 

お金の余裕は=精神安定剤です。

 

借金300万円あった頃の僕は
毎日、1日1日を乗り越えるだけで精一杯でした。

目標もなく将来なんて
一切考えることができなかった。

 

しかし、ネットビジネスに
出会い全てが変わりました。

収入的にも、時間的にも
精神的に、人間関係も

数年前に抱えていた悩みはすべて
ネットビジネスを通して
捨て去ることができました。

 

現在は会社に通勤することもなく
カフェで1日数時間パソコン作業をするだけで
年間数千万円の利益を叩き出しています。

ビジネス仲間と旅行に行って
平日の昼間からお酒を飲んだり
何にも縛られることがない生活を送っています。

 

あなたもこのような生活を
手に入れたくありませんか?

 

そのためにはまず

「会社依存から脱却」

しなければいけません。

 

しかし、実際に
何をすれば良いのかわからない。

このような声も多く届きますので
そのすべてを

「脱サラの教科書」

にまとめました。

 

脱サラの教科書は
月収11万円から脱サラするまでに
僕がどんな思考でどんな行動をして
脱サラすることができたのか?

を余すことなく赤裸々に語っています。

 

いわば僕の集大成です。

ネットビジネスを始めてから
現在に至るまでの7年間を
ぜんぶ詰め込みました。

5分もあればサクッと読めるので
興味があれば読んでみてください。

電子書籍「脱サラの教科書」を読んでみる

リンク先からメールアドレスを
入力すると無料で受け取ることができます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。